読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

自分の持っているお金で暮らせばよかったのですが遊ぶお金が無くなるとカードローンを利用していました。

私は富山県に住んでいる40代の主婦ですが、実は結婚する前の事ですが借金をしていた事があります。

なぜ借金をするようになったのか

その当時は20代前半で、就職したばかりで欲しい物がたくさんある時でした。

付き合っている人もいて、遊ぶ事にも忙しい時期でした。

今にして思えば、借金なんかしないで貯金をしておけば良かったと思うのですが、当時はそんな事を考えてはいませんでした。

あの時は、いくらお金があっても足りないように感じていました。

就職して車を購入したのですが、車の購入についてはローンを組んでいたので、自由に使えるお金は少なかったです。

ただ実家暮らしでしたので、その点は助かっていました。

もし一人暮らしだったらどうなっていたのだろう、と想像すると恐ろしいです。

借金をしていたのは、銀行のカードローンでした。

きっかけは就職して銀行に口座を作った時に、普通のキャッシュカードにローンカードもついているというカードを作ったからです。

キャッシュカードを使うように手軽に使えるので、なんの抵抗もなくカードローンを利用するようになってしまいました。

その当時はキャッシュカードを反対に入れると、カードローンも利用出来るようになっていましたので本当に簡単に使えたのです。

遊ぶお金が無くなると、カードローンを利用していました。

借金をしていた時の気持ち

借金をしている時の気持ちですが、なんだか後ろめたい気持ちはありました。

学生時代はお小遣いを親からもらっていて、キャッシュカードを使う事もあまりなかったのに、いきなりカードローンを使う事になってしまったのですから当たり前です。

今にして思えば、自分の持っているお金で暮らせばよかったのですが、私にはそれが出来ませんでした。

欲しい物があったのと、楽しい生活をしたかったのだと思います。

その当時に購入した物は、今は何も残っていません。

もっと良い物を買っておけば良かったかな、と後悔しています。

また、変な見栄もあったのかもしれません。

お金を持っている自分に酔っていたのかもしれません。

しかしお金を自由に使って楽しかった、という思い出は残っています。

今にして思う事

今にして思う事ですが、カードローンを利用した事は良い勉強になった、と捉えています。

お金の仕組みもわからず利用したカードローンでしたが、ローンを組むと苦しいという事は身にしみてわかりました。

今でしたらローンの金利は高いから利用は控えようと考えるのですが、当時はお金が必要でそんな事は何も考えていませんでした。

しかし実際に利用する事によって、勉強になったと思っています。

結婚して専業主婦になってからカードローンを利用する事もなくなりました。

もし、またカードローンを利用する事があったら、よく調べてお得なカードローンを利用したいと考えています。

消費者金融で借りては返すの繰り返しになってしまいました。

私は20代後半の男子、現在故郷の山口県に在住しておりますが、少し前までは福岡県の福岡市に住んでおりました。

私が借金をしたのは、福岡市内の大学を卒業してそのままそこで就職して少し経った、時期にして7月はじめくらいの頃でした。

そのころ私はどうしても欲しい物(今思えば急いで買うものでもなかったのですが)があり、もう少しでボーナスという時だったのですが、我慢できずにクレジットカードについているキャッシング機能を使って借り入れをしてそれを買ってしまいました。

最初に使ったのは銀行系のカードローンだったので返済は給料日に返済できたので特に気にしておらず、むしろ簡単に借りれるからといって返しては借りて、返しては借りてを繰り返していました。

そのお金を使っていくうちに段々と生活がきつくなってくるのを感じていました。

その時に少し苦しいのを我慢して一度クレジットやキャッシングをすべて返済すればよかったのですが、私は他のところで借りればいいという非常に馬鹿な選択をしてしまいました。

そうして次に手を出したのが消費者金融でした。こちらは今までそういったところに借り入れがなかったためか、限度額が50万円まであり、私はそれで契約し、次の日からまたそれらを借りては返すの繰り返しになってしまいました。

気づけば金額もみるみるうちに膨れ上がり、返済も滞りがちになっていきました。

すると今までは携帯電話だけにかかってきていた催促の電話が会社の方にもかかってくるようになり、上司や先輩から疑われるようになりました。

今思えばその取立ての電話と上司からの目線がとても冷たく感じたのが本当に辛かったです。

その後弁護士などに相談もしたのですが結局ひょんなことから会社と親に借金がバレてしまい、私は借金の肩代わりの代わりに会社をやめて地元に帰ることになりました。

今地元で再就職先を探しています。今思えば本当に惨めな気持ちでいっぱいですし、なんであの時お金が貯まるまで待とうと思わなかったのか・・・本当に悔やまれるところです。

しかしながら私にとって唯一の救いが両親でした。

借金を肩代わりして相当な迷惑をかけたにもかかわらず今実家で私は過ごしています。どんな時でも親は子供を守ろうとするものだ。

誰だって子供は可愛いものだから。同じ家族なのだから。それを言葉ではなく実体験で本当に実感しました。

借金をして少し人生は少し狂いましたが、大きく狂う前に舵を取り直すことが出来て本当に良かったです。

余談ではありますが、私は今警察官を目指して勉強しています。両親に恩返しのために、今度こそまともな人間を目指して、先を見据えて頑張っています。

消費者金融やカードローンを利用し苦労をした体験談

30代の男性で、兵庫県在住です。

借金をして、消費者金融やカードローンを利用した経験について書きたいと思います。

これまでずっと真面目に仕事をしてきましたし、以前は普通に貯金もしていました。

ある時、インターネットを使ってお金儲けができないかと思い、投資の方法について調べていました。

株はやりたくなかったのですが、FXという気軽な投資があることを知り、実際に申し込んで投資を始めました。

最初は、もうかったり損をしたりを繰り返していましたが、ある時から負け続け、損を取り返そうとまた投資してを繰り返しているうちに、貯金がなくなり借金を抱えるようになってしまいました。

やがて生活費や家賃、光熱費や携帯電話などの支払いができなくなり、滞納金が増えるようになりました。

これまでお金を借りたことはありませんでしたが、消費者金融へ行き、お金を借りることにしました。

今までに借金がなかったため、また仕事もきちんとしていたため、審査にはすぐに通り、すぐに10万円を借りることができました。

最初はすぐに返済できると思っていましたが、金利も高く、また借金も増えてゆき、気がついた時には借金が50万円になってしまいました。

さすがに危険を感じ始め、仕事の収入を増やし、節約するために生活費も抑えるようになりました。

最終的に3年ほどかかって全額を返済できましたが、毎月の金利を合わせると100万円近く支払ったと思います。

消費者金融は何とか返済しましたが、貯金は一向に増えず、ずっと赤字の生活が続いていました。

光熱費や公共料金の支払いができないことが続きましたが、銀行のカードローンキャッシングが自動的に融資され支払っていました。

やがて銀行キャッシングローンも30万円ほどになりました。

銀行口座にお金を振り込むと、自動的に1万円をローンに返済するシステムになっています。

消費者金融に比べて金利は低いので、助かっていました。

その後、まとまったお金が必要になったことがありましたが、貯金がなかったため再びお金を借りることにしました。

以前利用していた同じ消費者金融に行って、融資を申請しましたが、今度は審査に通らないという理由で断られてしまいました。

どうやらブラックリストに載ってしまったらしく、その後、普通のクレジットカードの発行もできなくなってしまいました。

こうした経験を経て、今では一生懸命働いて、全てのローンを返済することができました。

今後は、お金を借りることのリスクや危険を十分に考慮しつつ、計画を立てたいと思っています。

物欲が抑えられず給料日前にお金が足りなくなる事もありカードローンを利用する事に

私は40代女性で富山に住んでいます 。

カードローンを利用するようになったきっかけについて

私のカードローン体験記を書きたいと思います。

私がカードローンを利用していたのは、就職してから結婚するまでの3年間ほどです。

こう書いてみると短いような気がしますが、自分にとっては長かったように思います。

就職した私は大人になったような気がしていたのかもしれません。

学生時代は自分で自由に使うお金が少なく、いつもお金が欲しいなと思っていました。

アルバイトをしてはいたのですが、長期間のアルバイトはなかなか出来ず、親からもらうお小遣いで欲しいものを買っていました。

自分の銀行口座というものも持っていませんでした。

しかし、人からお金を借りるという事はありませんでした。

お金は少ないなりに楽しく生活していました。

就職が決まり、給料の振込みのために銀行に口座を作る事になりました。

その時に一つのカードでカードローンも利用出来るというものを作りました。

最初からカードローンを利用しよう、と思った訳ではなくて銀行の方に進められて作りました。

カードローンを利用してみて

給料で車のローンも払っていたので、お小遣いが足りなくなる事もあったのですが、実家暮らしでしたので何とかやっていました。

最初は学生時代の延長という感じで生活していたのですが、しばらくしてブランドのバッグや洋服が欲しくなってきました。

その時に彼氏が出来たのも大きかったと思うのですが、色々な洋服が欲しくなってしまいました。

社会人になったという事もあって、少し良い洋服が欲しいと思った事も大きかったのかな、とも思います。

就職して恥ずかしい格好をしたくない、という事もありました。

給料日前にお金が足りなくなる事もあり、カードローンを利用する事になりました。

カードローンと言っても、自分のいつも使っている銀行のカードで簡単に利用出来るので、あまり抵抗はありませんでした。

銀行のカードローンという事で安心していました。

ローンなんて大げさに考えずに使っていように思います。

お金が口座に無くなったら、カードローンで引き出すという感じでした。

大変便利に使えるので、毎月のように使っていました。

若かったせいか、もともとの性格からか金利などは考えずに利用していました。

カードローンを利用したのを一つの経験として

今だったらよく考えてからカードローンを利用するのに、と大変悔しいですが若い時のそういった経験も大事かな、とも思います。

あれからカードローンは利用していませんが、今はカードローンも変わってきていると思います。

もし利用する事があったら、よく考えて比べて利用したいと思っています。

お金がないなら借りればよいという考えでわずか1年でカードが7枚になり借金も膨らんで・・・

私は三十台前半の東京の普通のサラリーマンです。

最近では消費者金融の利率も以前に比べて大幅に下がって来ていますが、私が一番頻繁に利用していた時には今ほど返済は楽ではなく、本当に苦労した記憶があります。

当時はまだ法律の改正前であり、利率も普通に25%以上などがざらでした。

しかし本当にお金が必要な時と言うのはそんなことに気を配っていられる状態ではなく、はっきり言って30%でも何も気にせず借りていたと思います。

私が消費者金融にお世話になり始めたきっかけ

さて私がそのような利率でお金を消費者金融に借り始めたきっかけは、非常に単純でした。

私は当時二十代後半で、通信系の技術職として経験を積み始めた頃でした。

私の会社では給料日に限らずみんなで飲みに行くことがよくあり、その日も普通に直属の上司などと飲みに行ったのです。

しかしその日は、私の気になる女性社員も一緒に来ていたのです。

飲み会が終わる頃に財布を確認してお金が足りないことに気付いた私は、どうしてもお金がないことを彼女に見せたくなかったため、とりあえず会計が終わるまでにお金を用意することを考えたのです。

そこで財布の中を見ると、かなり前に作っていて忘れていたクレジットカードが一枚あることに気付きました。

今までは全く使おうとも思わなかったのですが、その時は藁にもすがる思いで近くのコンビニまで行き、キャッシングで二万円か三万円を利用したのです。

飲み代は何の問題もなく支払うことが出来ましたが、私はこんなに簡単にお金が借りられるのかと本当に驚き、すっかり嵌ってしまったと言う訳です。

お金がなくても借りて使ってしまうようになった

それからの私はお金の使い方が少しずつ変わって行きました。

それまでは給料日まではどうにかやりくりをしようと節約して生活していましたが、お金がなくなったらまた借りればいいと言う考え方になっていったのです。

最初はカードも一枚で限度額もたった十万円ですが、それからわずか一年の間にカードは七枚になり、限度額の合計も二百二十万円に増えていました。

完済をする度に限度額増加のお知らせが届くので、本当に嬉しかったのを覚えています。

私自身はそんなに限度額があっても借りるわけがないだろうと思っていたのですが、買い物というものは欲しいものがどんどんと出てきて止まりません。

それまで節約して生きて来たせいもあったのかもしれませんが、今度は欲しくなったものは全て買うように性格が変わってしまったのです。

延滞を始めてから現在まで

しかしそんな額の借金が長く続くわけがありません。

限度額まで借りた時点で、月々の返済は六万五千円程度になっていたはずです。

私の給料が二十万くらいですから、もうほとんどギリギリのところでした。もうそれ以上借りられないと分かると、後はそれをどう返すかだけが問題となったわけです。

親にはもちろんそんなことは話せませんから、とにかくまずはカードの枚数を減らすことにしました。

幸い、そのうちの一社がまとめることに同意をしてくれたため、そこをまず一旦完済した後、増額をしてもらった枠で他を全て完済することに成功しました。

この時は本当にホッとしましたね。

そしてその一社の返済を始めて二年半くらいで完済し、今に至ると言うわけです。

給料は当時よりも増えて今はそこそこ安定した生活を送っていますが、その会社のキャッシングは今でも本当にたまにですが利用しています。

さすがに何十万円を借りると言う事はなくなりましたが、お金がない時には頼りになると言う点では、消費者金融も使い方を間違えなければ便利なものです。

今では利率も非常に下がって、以前よりずっと利用しやすくなっていますよね。

これから便利に使える人が本当に羨ましいですが、私もいい付き合いを続けて行こうと思っています。

借金はどこかできちんと区切りをつけないとどんどん膨らませてしまいます。

私は、40代のサラリーマンです。

最初に借金をしてしまったのは、アコムでした。

給料日にパチスロに行ってしまい、その後、絶対に必要なお金があったのにも関わらず、全て使ってしまったのです。
必要だったお金は8万円。

その時に、妻に謝って都合してもらえばよかったのですが、さすがに給料日にパチスロで全部使ったなんて、死んでも言えません。

アコムの無人契約機に行き、カードローンの申込をしました。借り入れの希望額が少なく、他社からの借り入れもなかったので、審査は凄くスムーズでした。

必要な書類も、免許証と、給与明細の3ヶ月分だけでした。

私は希望額を10万円にしたのですが、限度額は50万円まで借り入れできるので、もし、何かあったらと思い、50万円までの設定をして、10万円を借りました。

ここから、私の借金生活が始まるとは、このときは夢にも思いませんでした。アコムでの返済は月3000円と、簡単に返せる額です。

しかし、私はその後もパチスロに行ってしまい、結局限度額を全て使い切ってしまいました。50万円の限度額に達しても、支払いは月1万3000円くらい、まだ、小遣いの範囲で返すことができます。

支払いが厳しい場合は、利子分の7000円だけの返済だけでもいいので、その甘い考えが、どんどん借金を重ねる原因となったのでしょう。

アコムで、限度額が100万まであがり、気分的には楽になりましたが、2万円返済して5万円借りるような生活が続くようになり、やはり半年くらいで限度額に達してしまいました。

その次に、レイクでカードを作りました。

ここでも限度額は50万円までで設定されました。

最初のうちは、足りない分をレイクからかりて、あとはアコムの返済をしようと思っていたのですが、結局、パチスロ通いがやめられず、レイクでも限度額に達しました。

月々の支払いは、2社で4万円くらいになり、かなり厳しい状態になったので、東京スター銀行のおまとめローンを利用しました。

このおまとめローンのおかげで、レイクとアコムに全額返済し、月々の支払いは2万円弱になったのですが、このときに、レイクもアコムも解約しませんでした。

その後も借りることができ、おまとめローンのほかにもアコムとレイクで合わせて80万円の借金を作ってしまいました。

総額は230万円の借金です。

月の支払いは5万円以上、そして、レイクとアコムからは、新規の借り入れができなくなってしまいました。

総量規制にひっかかったようです。

もうどこからも借りることができなくなり、やっと自分の愚かさに気付き、ここから返済をがんばるようになりました。

最大で230万円に膨らんだ借金が150万円を切った時、月々の支払いは2万円に戻りました。

以前の150万円は、どんどん借金しての150万円。

今回の150万円は80万円返しての150万円なので、全く、私の状態は違います。

返し始めると、どんどん返していきたい気持が高くなってきて、150万円を切ってから1年足らずで全額返済しました。

借金は、どこかできちんと区切りをつけないと、私のように心が弱い人間はどんどん膨らませてしまいます。

本当に手軽で借りることができて便利ですが、その便利さを上手に使うためには、自分の理性をいかに保つかが大事になると思います。

借金をしてから返済するまでの長い道のり

40代、女性、兵庫県

大学生の時に始まった借金

私の母は離婚しており、義理の父と母の間に産まれた双子の弟と妹がいました。

7つ年下の兄弟と比べて、私は母の連れ子であるため、母は義父に気を使って私には厳しく接していました。

私はその地域で一番の進学校に通っていたのですが、両親ともに中卒ということもあり、大学に行きたいなら自分で稼いで行くようにと言われました。

最初は奨学金などの知識がなく、アルバイトをしても学費その他必要経費をまかなうのは大変でした。

学校に行くにも定期券を買うお金がないなどということも頻繁にありました。

そんな時助けてくれたのは同級生で、5000円くらいお金を借りることがよくありました。

大学に入って1年経ち奨学金や、学費減免制度などを知るようになって借金は少しましになりましたが苦しい大学生活でした。

社会人になって、そして転職

大学を出て良い会社に入り、バブルの後期ということもあり給料はよかったです。

しかし人間関係のトラブルから精神的な病気になり、せっかくの良い会社を1年でドロップアウトしてしまいました。

その当時は転職先はいくらでもありましたが、一度病んだ精神状態はなかなか治らず、転職につぐ転職でどんどん労働条件は悪くなっていきました。

そのうち仕事をすることに疲れ、転職の間の無職の期間が増えてまた借金をするようになりました。

友人に借りるのも限界があり、クレジットカードのキャッシングに手を出し限度額の50万円まで借りてしまいました。

フリーター生活と消費者金融

大学卒業以来コンピュータのプログラミングの仕事をしていましたが、神経を使う仕事で自信がなくなり普通のアルバイトをするようになっていきました。

そうなると余計に生活費が足りません。

親とは絶縁状態になっていました。

借りるあてもなくなってしまい、消費者金融から借りるようになりました。

そういう所から借りるのは怖いというイメージがありましたから1社からしか借りませんでした。

しかし元々お金に困って借りているので、元金を返すあてはないままに金利だけを払い続けることになりました。

結婚そして借金の精算

なんとか遅い結婚をし最初は言えませんでしたが、隠しておけることでもないので夫に消費者金融に50万円の借金があることを言いました。

夫のお父さんも一時家族に内緒で消費者金融から借金したことがあったそうで、夫にしたら「またか」という感じでしたが、少しずつ返す手助けをしてくれました。

おかげで結婚から1年くらいで借金から解放されました。

若い時から苦労したけれども結果的に助けてもらうことができて私は恵まれていたなと思います。