読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

悪循環だと分かっていながらキャッシングで5万円を借りて支払いに

30代、女性、東京都在住です。

はじめてのキャッシング

毎月、もらっているお給料だけでは足りなくて、貯金を取り崩して生活していました。

でも、次第に取り崩す貯金さえもなくなってきてしまい、クレジットカードで食品などを購入するようになりました。

クレジットカードで買っても支払いが翌月に回るだけのことで、次第にそれも引き落としできない状態になってきました。

引き落としできず、振込用紙がやってくるようになってその期日までにも支払えないようになっていきました。

何枚もの振込用紙を前に、とうとうはじめてキャッシングコーナーへと行ってしまいました。

返済できるのかどうか自分でも心配で、とりあえず3万円ほど借りてみました。

即日審査のところで、主婦でも大丈夫でした。

すぐに借りられてびっくり

あまりに簡単にお金を借りることができてしまったので、かなり拍子抜けしました。

借りた3万円は次のお給料日にまず優先的に返済手続きをしに行きました。

利子は日割り計算だと聞いていたので、できるだけ早めに返した方が良いと知っていたためです。

また支払えない振込用紙がたまってきたころ、もう一度、同じキャッシングでまた3万円ほど借りました。

二回目のキャッシングでしたので、手続きのやり方も分かっていたということもあり一回目よりもさらにスムーズにお金を借りることができました。

これまた簡単に手に入った3万円で、滞っていた振込をすぐにしてきました。

借入金額がふえていく

借りた3万円はまたお給料日がきたらすぐに返済しました。

キャッシングって本当に便利で、すごい、と思っていました。

これがあれば、結構生活が回していけるのかもしれない、とも思いました。

三回目のキャッシングは5万円ほど借りました。

お給料日がくれば返せると思ったからです。

支払ってもすぐにまたやってくるいろいろな振込用紙にこれで支払いをしました。
借入手続きも慣れた感じにさえなってきました。

お給料日がきて、キャッシング分の5万円を返済しました。

でも、今回の5万円を最初に返済したことで、ますます当月の生活費がきつくなってしまいました。

生活費がないので、当然、溜まってしまう振込用紙も支払うことができません。

悪循環だと分かっていながら、またキャッシングで5万円を借りてしまいました。

5万円を借りて、5万円を返すということが何か月か続きました。

これでうまくいっていれば良かったのですが、5万円あっても振込できないくらいの振込用紙がくるようになってしまいました。

なんとかして収入を増やすことを考えないと生きていけなくなりそうです。

5年の予定で返済の250万円を3年ほどかかって返済しました。

30代 女性 神奈川県在住

1、気軽に手を出してしまったキャッシングによる借金

2、断れずにかさんだエステでのショッピングローン

3、おまとめローンでの返済

20代の時に借金を抱えることになってしまいました。

借金が出来てしまった理由は自分の金銭管理のなさによるものであると反省しています。

最初は小さなキャッシングからでした。

キャッシングというものを全く知らず、友達がそれでお金を出していると聞き気軽にお金が出せるものと思ってしまいました。

当時は大学生だったのですが、おしゃれをするにもブランドものを買えばお金が必要でちょっとしたアルバイトではお金が足りずにいました。

キャッシングもすぐに翌月に返すことが出来ないので、リボ払いになりました。

返済額が小額なので、あまり意識なく借金が増えて行くこととなりました。

最初は1枚のカードだったのですが、そのカードの限度額まできてしまい、他のカードのキャッシングにも手を付けてしまうこととなりました。

そうして2枚目、3枚目とどんどん持っている全てのカードの限度額いっぱいまで手を付けてしまったのです。

それでも自転車操業になりながらも毎月返済していたので、借金を背負っているという自覚はあまりありませんでした。

そのうち、自転車操業も回らなくなり、消費者金融系のカードにも手を付けてしまいました。

そんな山のような借金を背負いつつ、更に手をつけてしまったのがエステのショッピングローンです。

ある日、会社にアンケートの電話があり、アンケートに答えたお礼です、とエステの無料体験券が送られてきました。

気軽に行ったそのエステサロンで、言われるがままに勧められてしまいローンであれば月々5000円からの支払いで大丈夫だから、毎月払えない額ではないですよね?のような言い方をされ、それすらも払えないとは思われたくない、という見栄もありローンを組んでしまいました。

エステに通っていると、次々にコースを月々2000円の追加で付けられる、とかこのサプリが素晴らしいもので特別に、など持ちかけられ、
ローンがどんどん増えて行ってしまいました。

この時点でキャッシングとショッピングローンでもうクビが回らない状態になっていました。

月々の支払いも15万円ほどとなってしまっていました。

払えど払えど減る気配もなく、毎月毎月の支払い額が私には大き過ぎてどうやってこの借金と向き合えばよいのか分からなくなっていました。

その時、使っているクレジットカードの会社で、おまとめローンというものを見つけました。

とにかく毎月あちこちに支払っている状態で、金利も今と違って高かったので低金利のこのおまとめローンを使えれば何とかなるのではないか、と思いました。

このおまとめローンも審査がおりるのか、という疑問もありましたが、とにかくその時の借金の現状を正直に伝えてみました。

融資額は全ての借金が返済できる、まとめられるだけ、でしたがその時に気付いた借金の合計額は250万円でした。

自分でもそんなに借金がある、という事に驚きでした。

あちらから少し、こちらから少し、毎月小額の支払い、という積み重ねの結果がこれです。

初めて現実に気付いたのです。

今まで15万円ほど毎月支払っていたので、同じくらいの額を毎月返済する覚悟でしたがオペレーターの方が、余裕がある月には増額して払うことも出来るのでまずは無理のない月々5万円に設定されてはいかがか、と提案してくださいました。

約5年かけて返済するシュミレーションでした。

オペレーターの方が仰ってくださった月々5万円の返済にまずは設定し、余裕がある時は貯金ではなく、とにかく返済する方を優先して増額をしながら返済しました。

イベントなどが重なり、出費が多い月には5万円のままに出来たのでそれで良かったと思っています。

そうして、5年の予定で返済の250万円を3年ほどかかって返済しました。

毎月、どんどん借金が減って行くのが嬉しかったです。

借金がなくなった今、以前の返済していた時と同じように貯金をしています。

もう、目先に利益に騙されてしまうことはありません。

借金の日々は本当に自分の甘さに情けなく、反省しました。

今、お金との向き合い方がやっと正常になったと思っています。

ちょっとしたお金でも、毎月苦労して働くことで得たお金であり、大切にしなければならない事を借金の中から学びました。

お金に対する今の考え方があるのは、あの頃があったから、と思っています。

そして、もう二度と間違いはしません。

貸付可能額が「○万円の余裕があるんだ」というふうに残高がるように錯覚してしまいました。

福岡に住む30代の男です。

事の始まり

15年前のことですが20歳を超えていろいろな契約ができる歳になった時の冬、親の相談という形で始まった。

「名前を貸してくれないか」そんな半泣きの親の言葉に反対することも出来ず、20歳にとっては大金である10万円を工面することになったのです。

もちろん手持ちがあるわけでもないので消費者金融の窓口へ二人で行きました。

就職もしていて手取りで20万弱はあったし、10万という金額のためか審査は簡単に通りました。

親が「月々の支払はしていくからカードを貸しておいてね」疑うこともせず渡して親孝行したつもりで居ました。

が…その時は「限度額」というシステムもわからなくて上限50万円のカードが出来上がっていたのでした。

増えていく借金

数ヶ月した頃、消費者金融から一本の電話が有り、返済が遅れているとのことだったので「一回分払ってあげようか」と思い立ち、親にカードを貸すように求めたのですが…。

出し渋る親、顔色もよろしくないように見える。

次に「実は…」と切りだされた内容に驚愕。

数ヶ月の間に借金は減るどころか倍近くまで増えていたのです。

親が言うには、返済の2万円を入れてすぐに2万円を出すということを繰り返していて、さらに足りない時はもう2万、もう2万、と繰り返していたようでその額は20万円になっていました。

貸付可能額が残高に見える

そこでやっと、とんでもない事になっていることに気付き、カードを取り上げて「今月からは俺が払い込むからお金だけ渡してくれ」と言う風にすることにしました。

まだその時は20万円の借金はすぐに返せると思っていました。

次の月の支払いの時、私の中で何かが変化しました。

返済の2万円を払込んで領収書を見て利息は大幅に取られるものの残高が減っていることに安堵して、下の方まで目をやると…「ご使用可能残高」というような表記がありそこには約30万円の額が書いてありました。

何故か私は「30万円の余裕があるんだ」と錯覚してしまい気が大きくなっていったのでした。

加速する借金額

まだ20歳で欲しい物も沢山あるし、遊びたい盛りだったので毎月小遣いはいくらあっても足りない状態になって行きました。
気が付くと次の月には、親と同じことをしていました。

私の場合はさらに、自分の若さを過信してしまい数十万円ならばすぐに返せるだろうと根拠の無い変な自信によって、まさにどんぶり勘定とも言える計算で返済計画を立ててはお金を引き出してはまた、どんぶり勘定での返済計画を作る悪循環に陥りました。

すぐに壊れる返済計画のお陰で、その時すでに30万円という大きな借金ができていたのです。

しかし当時の私はまだ、本当の恐ろしさに気付いては居なかったのです。

軽い気持ちで消費者金融から借金をし家族を裏切りそして離婚へ

30代男性:香川県在住

私はこうして借金をしてしまいました

私はもともと借金をしないように気をつけて生きてきました。

ただ、どうしても欲しい物があり、軽い気持ちで消費者金融から10万円を借りました。

2週間くらいで給料日を迎え、特に問題なく返済しました。

それで、より一層消費者金融での借金に抵抗がなくなったように思います。

それ以降は何か大きな買い物とか、どうしても必要というわけでもなく、軽い気持ちで借金を重ねました。

その借金は返済することが難しい額になってきましたが、家族に相談することはできないと思い、他の消費者金融で借り入れをし返済に充てるという悪循環に陥りました。

そうして計5社から借り入れをし、250万円ほどの借金になっていました。

家族への裏切り

それでも何とか毎日生活できていたので何とかなるのではないかと考えていました。

素人考えですが、金利がもったいないので、完済できそうな少額のところから完済しようと努力しました。

私が借り入れをしたうちの2社はとてもすぐに何とか出来る状態ではなかったので、毎月少額ずつ返済し、保留状態にしていました。

残りの3社は完済できたと思っていましたが、私のミスで1社だけ完済できていませんでした。

私はそれに気付かず、日々を過ごしていました。

ある日、妻に「借金してるの?」と聞かれました。

正直時間が止まったようでした。

なぜ妻が気付いたのかと言うと、私は完済したと思い込んでいた1社から自宅に電話がかかってきたのだそうです。

本当に情けなくて涙が出ました。

妻も泣いていました。

それでも何とか完済をし、妻には「もう何もない」と答えました。

しかし、残り2社の借金返済は容易ではなく、結局これも妻の知るところとなりました。

私は2回も家族を裏切りました。

その後は妻の信用を取り戻すことが出来ずに離婚することになりました。

大切な1人息子も離れていきました。

完済

私の借金は数ヶ月レベルで何とかなるものではありませんでした。

不況の煽りでボーナスと残業代がカットされました。

毎月の収入はあまり変わらないので、返済は順調でしたが、年収は大幅に減額になりました。

それを補わなければ、慰謝料が払えないので夜にパチンコ店のホール清掃をするようになりました。

ほぼ毎日1時間ほど清掃をし、月に2~3万円ほどの収入を得ていました。

つい3年ほど前に完済することが出来ました。

返済そのものは長くかかりましたが、そう苦労をしたわけではありません。

しかし、私は家族を失いました。

完済したこと、貯金ができていることも伝えましたが、「信用は戻らない」と言われてそのままです。

身辺整理はできましたが、元に戻ることはないのだと思います。

私は当時のバカな私に言ってやりたい。

「借金を返せば元に戻ると思うな」

本当に後悔しています。

自分の持っているお金で暮らせばよかったのですが遊ぶお金が無くなるとカードローンを利用していました。

私は富山県に住んでいる40代の主婦ですが、実は結婚する前の事ですが借金をしていた事があります。

なぜ借金をするようになったのか

その当時は20代前半で、就職したばかりで欲しい物がたくさんある時でした。

付き合っている人もいて、遊ぶ事にも忙しい時期でした。

今にして思えば、借金なんかしないで貯金をしておけば良かったと思うのですが、当時はそんな事を考えてはいませんでした。

あの時は、いくらお金があっても足りないように感じていました。

就職して車を購入したのですが、車の購入についてはローンを組んでいたので、自由に使えるお金は少なかったです。

ただ実家暮らしでしたので、その点は助かっていました。

もし一人暮らしだったらどうなっていたのだろう、と想像すると恐ろしいです。

借金をしていたのは、銀行のカードローンでした。

きっかけは就職して銀行に口座を作った時に、普通のキャッシュカードにローンカードもついているというカードを作ったからです。

キャッシュカードを使うように手軽に使えるので、なんの抵抗もなくカードローンを利用するようになってしまいました。

その当時はキャッシュカードを反対に入れると、カードローンも利用出来るようになっていましたので本当に簡単に使えたのです。

遊ぶお金が無くなると、カードローンを利用していました。

借金をしていた時の気持ち

借金をしている時の気持ちですが、なんだか後ろめたい気持ちはありました。

学生時代はお小遣いを親からもらっていて、キャッシュカードを使う事もあまりなかったのに、いきなりカードローンを使う事になってしまったのですから当たり前です。

今にして思えば、自分の持っているお金で暮らせばよかったのですが、私にはそれが出来ませんでした。

欲しい物があったのと、楽しい生活をしたかったのだと思います。

その当時に購入した物は、今は何も残っていません。

もっと良い物を買っておけば良かったかな、と後悔しています。

また、変な見栄もあったのかもしれません。

お金を持っている自分に酔っていたのかもしれません。

しかしお金を自由に使って楽しかった、という思い出は残っています。

今にして思う事

今にして思う事ですが、カードローンを利用した事は良い勉強になった、と捉えています。

お金の仕組みもわからず利用したカードローンでしたが、ローンを組むと苦しいという事は身にしみてわかりました。

今でしたらローンの金利は高いから利用は控えようと考えるのですが、当時はお金が必要でそんな事は何も考えていませんでした。

しかし実際に利用する事によって、勉強になったと思っています。

結婚して専業主婦になってからカードローンを利用する事もなくなりました。

もし、またカードローンを利用する事があったら、よく調べてお得なカードローンを利用したいと考えています。

消費者金融で借りては返すの繰り返しになってしまいました。

私は20代後半の男子、現在故郷の山口県に在住しておりますが、少し前までは福岡県の福岡市に住んでおりました。

私が借金をしたのは、福岡市内の大学を卒業してそのままそこで就職して少し経った、時期にして7月はじめくらいの頃でした。

そのころ私はどうしても欲しい物(今思えば急いで買うものでもなかったのですが)があり、もう少しでボーナスという時だったのですが、我慢できずにクレジットカードについているキャッシング機能を使って借り入れをしてそれを買ってしまいました。

最初に使ったのは銀行系のカードローンだったので返済は給料日に返済できたので特に気にしておらず、むしろ簡単に借りれるからといって返しては借りて、返しては借りてを繰り返していました。

そのお金を使っていくうちに段々と生活がきつくなってくるのを感じていました。

その時に少し苦しいのを我慢して一度クレジットやキャッシングをすべて返済すればよかったのですが、私は他のところで借りればいいという非常に馬鹿な選択をしてしまいました。

そうして次に手を出したのが消費者金融でした。こちらは今までそういったところに借り入れがなかったためか、限度額が50万円まであり、私はそれで契約し、次の日からまたそれらを借りては返すの繰り返しになってしまいました。

気づけば金額もみるみるうちに膨れ上がり、返済も滞りがちになっていきました。

すると今までは携帯電話だけにかかってきていた催促の電話が会社の方にもかかってくるようになり、上司や先輩から疑われるようになりました。

今思えばその取立ての電話と上司からの目線がとても冷たく感じたのが本当に辛かったです。

その後弁護士などに相談もしたのですが結局ひょんなことから会社と親に借金がバレてしまい、私は借金の肩代わりの代わりに会社をやめて地元に帰ることになりました。

今地元で再就職先を探しています。今思えば本当に惨めな気持ちでいっぱいですし、なんであの時お金が貯まるまで待とうと思わなかったのか・・・本当に悔やまれるところです。

しかしながら私にとって唯一の救いが両親でした。

借金を肩代わりして相当な迷惑をかけたにもかかわらず今実家で私は過ごしています。どんな時でも親は子供を守ろうとするものだ。

誰だって子供は可愛いものだから。同じ家族なのだから。それを言葉ではなく実体験で本当に実感しました。

借金をして少し人生は少し狂いましたが、大きく狂う前に舵を取り直すことが出来て本当に良かったです。

余談ではありますが、私は今警察官を目指して勉強しています。両親に恩返しのために、今度こそまともな人間を目指して、先を見据えて頑張っています。

消費者金融やカードローンを利用し苦労をした体験談

30代の男性で、兵庫県在住です。

借金をして、消費者金融やカードローンを利用した経験について書きたいと思います。

これまでずっと真面目に仕事をしてきましたし、以前は普通に貯金もしていました。

ある時、インターネットを使ってお金儲けができないかと思い、投資の方法について調べていました。

株はやりたくなかったのですが、FXという気軽な投資があることを知り、実際に申し込んで投資を始めました。

最初は、もうかったり損をしたりを繰り返していましたが、ある時から負け続け、損を取り返そうとまた投資してを繰り返しているうちに、貯金がなくなり借金を抱えるようになってしまいました。

やがて生活費や家賃、光熱費や携帯電話などの支払いができなくなり、滞納金が増えるようになりました。

これまでお金を借りたことはありませんでしたが、消費者金融へ行き、お金を借りることにしました。

今までに借金がなかったため、また仕事もきちんとしていたため、審査にはすぐに通り、すぐに10万円を借りることができました。

最初はすぐに返済できると思っていましたが、金利も高く、また借金も増えてゆき、気がついた時には借金が50万円になってしまいました。

さすがに危険を感じ始め、仕事の収入を増やし、節約するために生活費も抑えるようになりました。

最終的に3年ほどかかって全額を返済できましたが、毎月の金利を合わせると100万円近く支払ったと思います。

消費者金融は何とか返済しましたが、貯金は一向に増えず、ずっと赤字の生活が続いていました。

光熱費や公共料金の支払いができないことが続きましたが、銀行のカードローンキャッシングが自動的に融資され支払っていました。

やがて銀行キャッシングローンも30万円ほどになりました。

銀行口座にお金を振り込むと、自動的に1万円をローンに返済するシステムになっています。

消費者金融に比べて金利は低いので、助かっていました。

その後、まとまったお金が必要になったことがありましたが、貯金がなかったため再びお金を借りることにしました。

以前利用していた同じ消費者金融に行って、融資を申請しましたが、今度は審査に通らないという理由で断られてしまいました。

どうやらブラックリストに載ってしまったらしく、その後、普通のクレジットカードの発行もできなくなってしまいました。

こうした経験を経て、今では一生懸命働いて、全てのローンを返済することができました。

今後は、お金を借りることのリスクや危険を十分に考慮しつつ、計画を立てたいと思っています。