読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

奢るなど男の見栄で安易にカードローンをしてしまい借金で生活苦に・・・

借金体験談 カードローン

昔に借金をしました。

借金といっても、人から借りたわけではありません。

クレジットカードが最初です。

よく言いますが、最初はほんの軽い気持ち、と。

自分もそうでした。

5デイクレジットという5日間で返済するサービスを利用したのがきっかけです。

それまでは、金欠になると友人などから借りていました。

しかし、クレジットカードの場合はいちいち連絡をしなくても借りれます。

その手軽さが魅力に感じました。

最初に借りたのをきっかけに、ちょいちょい借りるようになりました。

そのうちに、カードローンも使えることが判明して、カードローンの仕組みも知らなかったのですが、10万円借りたとしても、月々の返済は1万円だということを知り、そっちの方がいいと思ったのです。

キャッシングの場合は一ヶ月で借りた金額すべてが引き落とされます。

つまり、5万円借りたならば、それに利息を上乗せされて返済しなければなりません。

一気に5万円超の返済が必要となるわけです。

しかし、カードローンの場合は、5万円借りても、返済は1万円で済みます。

この状況を当時は、“楽だ”と感じたのです。

今となって考えれば、そもそもこの感覚こそが甘かったのです。

以後、キャッシングはほとんど使わなくなりました。

カードローンで個人的な資金繰りをするようになりました。

おカネがきつくなれば、カードローン。

この行動が当たり前になっていったのです。

友達と飲みにいって、みんなが金欠だと言うと、自分が出すと言いました。

カードローンで借りて、人に奢る。こういうことを当たり前に繰り返すようになったのです。

当然ながら、限度額があります。

限度額は70万円でした。

こんな生活を続けていれば、いずれ限度額はやってきます。

限度額がやってきたときどうしたのか。

新たなカードを作って、カードローンで借り出すようになったのです。

それらを繰り返しました。

いずれ、返済がきつくなりだしました。

このままこの状況を続けていては、やばくなる、とはじめて複数のカードローンが限度額に近づいた時に悟りました。

遅すぎです。

しかし、返さなくてはならないので、生活をきりつめました。

一年間、缶ジュースも飲まない生活をやりました。

ちょっとずつ、返済をしていくうちに、一つのカードが完済し、また、一つのカードが完済。ということができるようになったのです。

ですが、まだまだ甘くありません。たくさん借りるということは、それだけ利息も払わなければなりませんから、簡単に完済はできません。

というわけで、現在も返済中です。

便利なのですが、しばらく使わないつもりなのです。