読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

父の会社が倒産しひたすら働いて借金返済の日々

私は今兵庫県に住む、30代の女性です。

バラ色の学生生活になる予定だった

自分がこんなにも借金返済に苦しむとは思っていませんでした。

18歳で上京して、美大の予備校に4年も通ってやっと22歳で合格しました。

苦労が報われて、バラ色の学生生活が待っているとばかり思って、だいぶ浮足立っていました。

入学当初はほぼ初めて降り立つ駅がもの珍しく、駅の近くのデパートに学校帰りによく立ち寄り、たまに買い物したりしていました。

レジで店員さんに買い物に役立つカードを作りませんかと言われて、「学生証があるならすぐに出来ますよ。」の一言で、やっと学生証が持てた嬉しさがこみ上げてきて作りました。

そのカードは買い物の他にもキャッシングができました。

最初はそのつもりはなかったのですが、友人とグループ展をすることになり、場所代や話し合いをするのにお金が必要になり、まだアルバイトを始めていなく大した金額じゃないからすぐに返せるという気持ちで、キャッシングしました。

最初借りる時はドキドキしましたが、一度借りてしまえばあとは同じことなので、ちょこちょこ利用してしまいました。

限度額にすぐになってしまい、系列のキャッシング専用カードも作ってしまいました。こちらのカードは限度額も高く、すぐに利用しました。

2つのカード合わせて30~40万円くらい借りて、返済はリボ払いで1万円づつ毎月していました。

アルバイトを夏から始めて、順調に返済していました。

一気にどん底に

大学2年生の時に、父の会社が倒産しました。

大学の学費を出してもらえなくなり、奨学金を申請しました。

奨学金のお金だけでは足りないので、銀行の学費ローンも申込みました。

2つ合わせて800万円くらいの金額になりました。

奨学金は卒業してから返済が始まるのに対して、学費ローンは借りた翌月から返済が始まりました。

家賃も払っていたので、アルバイトのお給料だけでは足りない時もあり、奨学金から借金返済をする時がありました。

そのため、大学卒業間近の最後の学費を払うお金がなく、また家族に銀行のローンを申込み80万円借りました。

ひたすら働いて借金返済の日々

卒業したら毎月の返済が毎月5万円くらいになり、アルバイトのお給料のほとんどが家賃と借金で無くなりました。

それでも足りない時があり、卒業して2年目からもうひとつ夕方のアルバイトも始めました。

この辺りから、少しづつ貯金ができるようになりました。

家計簿をつけ始めたのが大きかったように思います。

毎日の買い物の内容と金額を書くと、ムダな使い方を見直せるため、だんだんお金を使わないようにと考えるようになりました。

お小遣いが大体月3万円と決めて、家賃と借金分をお給料が出るとすぐに銀行に入れて、残りも全て貯金するようにしました。

そして貯金がある程度貯まると、奨学金の繰り上げ返済をしました。

これが一番金利が高く、返済期間も25年と長いため、重荷になっていたからです。

他の借金は毎月決まった額を支払っていました。

最初に返済が終わったのは、キャッシングカード2つです。

金利が23%くらいだったので、約7年掛かりました。

銀行のローン2つと奨学金は、約11年で完済しました。

途中父の会社の倒産に伴う借金が終わったので、援助してもらいながらでしたが、30代前半までかかりました。

終わった時は、借金から開放されて嬉しく、2度としないと誓いました。

この11年で節約する術を身につけることができたのが、唯一良かったことです。