読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

借金をしてから返済するまでの長い道のり

借金返済

40代、女性、兵庫県

大学生の時に始まった借金

私の母は離婚しており、義理の父と母の間に産まれた双子の弟と妹がいました。

7つ年下の兄弟と比べて、私は母の連れ子であるため、母は義父に気を使って私には厳しく接していました。

私はその地域で一番の進学校に通っていたのですが、両親ともに中卒ということもあり、大学に行きたいなら自分で稼いで行くようにと言われました。

最初は奨学金などの知識がなく、アルバイトをしても学費その他必要経費をまかなうのは大変でした。

学校に行くにも定期券を買うお金がないなどということも頻繁にありました。

そんな時助けてくれたのは同級生で、5000円くらいお金を借りることがよくありました。

大学に入って1年経ち奨学金や、学費減免制度などを知るようになって借金は少しましになりましたが苦しい大学生活でした。

社会人になって、そして転職

大学を出て良い会社に入り、バブルの後期ということもあり給料はよかったです。

しかし人間関係のトラブルから精神的な病気になり、せっかくの良い会社を1年でドロップアウトしてしまいました。

その当時は転職先はいくらでもありましたが、一度病んだ精神状態はなかなか治らず、転職につぐ転職でどんどん労働条件は悪くなっていきました。

そのうち仕事をすることに疲れ、転職の間の無職の期間が増えてまた借金をするようになりました。

友人に借りるのも限界があり、クレジットカードのキャッシングに手を出し限度額の50万円まで借りてしまいました。

フリーター生活と消費者金融

大学卒業以来コンピュータのプログラミングの仕事をしていましたが、神経を使う仕事で自信がなくなり普通のアルバイトをするようになっていきました。

そうなると余計に生活費が足りません。

親とは絶縁状態になっていました。

借りるあてもなくなってしまい、消費者金融から借りるようになりました。

そういう所から借りるのは怖いというイメージがありましたから1社からしか借りませんでした。

しかし元々お金に困って借りているので、元金を返すあてはないままに金利だけを払い続けることになりました。

結婚そして借金の精算

なんとか遅い結婚をし最初は言えませんでしたが、隠しておけることでもないので夫に消費者金融に50万円の借金があることを言いました。

夫のお父さんも一時家族に内緒で消費者金融から借金したことがあったそうで、夫にしたら「またか」という感じでしたが、少しずつ返す手助けをしてくれました。

おかげで結婚から1年くらいで借金から解放されました。

若い時から苦労したけれども結果的に助けてもらうことができて私は恵まれていたなと思います。