読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

貸付可能額が「○万円の余裕があるんだ」というふうに残高がるように錯覚してしまいました。

福岡に住む30代の男です。

事の始まり

15年前のことですが20歳を超えていろいろな契約ができる歳になった時の冬、親の相談という形で始まった。

「名前を貸してくれないか」そんな半泣きの親の言葉に反対することも出来ず、20歳にとっては大金である10万円を工面することになったのです。

もちろん手持ちがあるわけでもないので消費者金融の窓口へ二人で行きました。

就職もしていて手取りで20万弱はあったし、10万という金額のためか審査は簡単に通りました。

親が「月々の支払はしていくからカードを貸しておいてね」疑うこともせず渡して親孝行したつもりで居ました。

が…その時は「限度額」というシステムもわからなくて上限50万円のカードが出来上がっていたのでした。

増えていく借金

数ヶ月した頃、消費者金融から一本の電話が有り、返済が遅れているとのことだったので「一回分払ってあげようか」と思い立ち、親にカードを貸すように求めたのですが…。

出し渋る親、顔色もよろしくないように見える。

次に「実は…」と切りだされた内容に驚愕。

数ヶ月の間に借金は減るどころか倍近くまで増えていたのです。

親が言うには、返済の2万円を入れてすぐに2万円を出すということを繰り返していて、さらに足りない時はもう2万、もう2万、と繰り返していたようでその額は20万円になっていました。

貸付可能額が残高に見える

そこでやっと、とんでもない事になっていることに気付き、カードを取り上げて「今月からは俺が払い込むからお金だけ渡してくれ」と言う風にすることにしました。

まだその時は20万円の借金はすぐに返せると思っていました。

次の月の支払いの時、私の中で何かが変化しました。

返済の2万円を払込んで領収書を見て利息は大幅に取られるものの残高が減っていることに安堵して、下の方まで目をやると…「ご使用可能残高」というような表記がありそこには約30万円の額が書いてありました。

何故か私は「30万円の余裕があるんだ」と錯覚してしまい気が大きくなっていったのでした。

加速する借金額

まだ20歳で欲しい物も沢山あるし、遊びたい盛りだったので毎月小遣いはいくらあっても足りない状態になって行きました。
気が付くと次の月には、親と同じことをしていました。

私の場合はさらに、自分の若さを過信してしまい数十万円ならばすぐに返せるだろうと根拠の無い変な自信によって、まさにどんぶり勘定とも言える計算で返済計画を立ててはお金を引き出してはまた、どんぶり勘定での返済計画を作る悪循環に陥りました。

すぐに壊れる返済計画のお陰で、その時すでに30万円という大きな借金ができていたのです。

しかし当時の私はまだ、本当の恐ろしさに気付いては居なかったのです。