読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金体験談

借金体験談まとめ

悪循環だと分かっていながらキャッシングで5万円を借りて支払いに

30代、女性、東京都在住です。

はじめてのキャッシング

毎月、もらっているお給料だけでは足りなくて、貯金を取り崩して生活していました。

でも、次第に取り崩す貯金さえもなくなってきてしまい、クレジットカードで食品などを購入するようになりました。

クレジットカードで買っても支払いが翌月に回るだけのことで、次第にそれも引き落としできない状態になってきました。

引き落としできず、振込用紙がやってくるようになってその期日までにも支払えないようになっていきました。

何枚もの振込用紙を前に、とうとうはじめてキャッシングコーナーへと行ってしまいました。

返済できるのかどうか自分でも心配で、とりあえず3万円ほど借りてみました。

即日審査のところで、主婦でも大丈夫でした。

すぐに借りられてびっくり

あまりに簡単にお金を借りることができてしまったので、かなり拍子抜けしました。

借りた3万円は次のお給料日にまず優先的に返済手続きをしに行きました。

利子は日割り計算だと聞いていたので、できるだけ早めに返した方が良いと知っていたためです。

また支払えない振込用紙がたまってきたころ、もう一度、同じキャッシングでまた3万円ほど借りました。

二回目のキャッシングでしたので、手続きのやり方も分かっていたということもあり一回目よりもさらにスムーズにお金を借りることができました。

これまた簡単に手に入った3万円で、滞っていた振込をすぐにしてきました。

借入金額がふえていく

借りた3万円はまたお給料日がきたらすぐに返済しました。

キャッシングって本当に便利で、すごい、と思っていました。

これがあれば、結構生活が回していけるのかもしれない、とも思いました。

三回目のキャッシングは5万円ほど借りました。

お給料日がくれば返せると思ったからです。

支払ってもすぐにまたやってくるいろいろな振込用紙にこれで支払いをしました。
借入手続きも慣れた感じにさえなってきました。

お給料日がきて、キャッシング分の5万円を返済しました。

でも、今回の5万円を最初に返済したことで、ますます当月の生活費がきつくなってしまいました。

生活費がないので、当然、溜まってしまう振込用紙も支払うことができません。

悪循環だと分かっていながら、またキャッシングで5万円を借りてしまいました。

5万円を借りて、5万円を返すということが何か月か続きました。

これでうまくいっていれば良かったのですが、5万円あっても振込できないくらいの振込用紙がくるようになってしまいました。

なんとかして収入を増やすことを考えないと生きていけなくなりそうです。